JWマイニング【国内運営】仮想通貨採掘

仮想通貨マイニングコラム

徹底比較!自宅マイニングvsマイニングファーム|なぜ自宅マイニングが不利になってきているのか

これからマイニングをやろうとするとき、自宅にマイニングマシンを用意して自宅マイニングをするのがよいのか、マイニングファームを利用した方がいいのか、どちらがいいか悩むところです。
以前は自宅マイニングをする人も多くいましたが、最近では電力コストや仮想通貨市場の拡大によってマイニングファームを利用した方がメリットが大きくなっています。

初期投資が必要なのはどちらも同じ

マイニングでは膨大な取引記録の計算を行います。そして一番に計算を終えて台帳に記録できた人に報酬が払われるため、マイニングマシンのスペックが高いほどマイニングには有利です。しかしマイニングマシンは、1秒間で数十兆回の計算ができる高性能のマイニングチップが搭載されている上にマイニングを行うための採掘ソフトが搭載されているために高額になりがち。
マイニングマシンの価格はメーカーや機種によって異なりますが、20万円以上になります。マイニングをするには自宅マイニングでも、マイニングファームを利用する場合も、どちらも初期費用としてマイニングマシンのコストがかかるため、初期費用については自宅マイニングとマイニングファームの優劣はないといっていいでしょう。

電力コストでは自宅マイニングが圧倒的に不利

しかし電力コストではマイニングファームの方がメリットがあるといえます。マイニングマシンは高性能のマシンですから電力消費量が大きくなります。マシンのスペックによって異なりますが、マイニングマシンの消費電力は大体2000Wくらいです。
最近は電力消費量20%カットといった電力消費量を抑えたマシンがリリースされていますが、それでもマイニングマシンの電力消費量はデスクトップPCの電力消費量の数十倍になりますし、高性能グラフィックアクセラレターを搭載するなど高スペックゆえに消費電力が大きいゲーミングマシンと比べても数倍になります。そのため、マイニングでは大きな電気代がかかります。

マイニングでは温度と電力源が大きなポイントに

マイニングではマイニングマシンを24時間365日フル稼働して計算を行うことが前提ですから、マシンが発する熱も相当で、狭い部屋では室温が上がってしまいます。
マイニングマシンは精密機械のため、室温が高いと故障などのトラブルが発生することがあり、夏場は冷房機器を使って室温を下げる必要があります。そして冷房機器を24時間フル稼働して室温を調整すれば、さらに電気代のコストは大きくなります。
そのためファーム業者の中には電気料金の安い海外に施設を作るところもあります。このようにマイニングではどのくらい電気代を抑えることができるかがポイントといえるでしょう。
そのためマイニングファームでは施設に太陽光発電システムを導入し、太陽光発電で作り出した電力を使ったり、安い電力プランを利用するなど、電気代を抑えるための工夫を行っています。その点、使用する電力の選択肢が少ない自宅マイニングは不利といえます。

セキュリティ、管理の問題も見逃せない

管理という点においても自宅マイニングとマイニングファームでは、自宅マイニングの方が不利といえます。マイニングマシンはマシンによって稼働音が大きいものがあります。自宅マイニングではその稼働音が24時間365日聞こえてくるわけですから、マイニング専用の部屋を作るなど対策が必要になります。
またマイニングマシンは高性能で高額なマシンですから盗難の心配もあり、マシンによっては盗難投資対策にオンラインでマシンを監視するシステムなども搭載されています。最近はマイニングマシンを狙ったウィルスなどもあり、採掘を行うマイニングソフトのウォレットアドレスを書き換えて、収益を横取りするものも登場しています。
しかしセキュリティにかかるコストをすべて個人で負担することは難しいでしょう。その点、マイニングファームでは施設にセキュリティシステムを導入し、高いセキュリティを誇っています。

機械には保守が必要

保守・メンテナンスという点にも自宅マイニングよりマイニングファームの方が有利といえます。マイニングマシンは電気製品ですから故障することもありますし、不調になることもあります。
それらの保守・メンテナンスを24時間個人が行うことは困難です。その点マイニングファームでは24時間の保守・メンテナンスに対応しており、マイニングマシンに故障が発生した場合は、早急な対応を行って、損失を最小限に抑えることができます。

なぜ、JWマイニングなのか

JWマイニングは親会社が太陽光発電の販売・施工を手掛ける会社です。そのノウハウをいかして、マイニング施設では太陽光発電システムで作りだした電力を使用しており、太陽光発電で賄うことができない分の電力も料金が安い電力を使用して電気代を抑えることに成功しています。
電気が安い海外にマイニングファームがある業者の場合、さらに電気代を抑えることができますが、海外では日本ほど電力供給が安定していないこともあって、安定した電力供給と回線が必要なマイニングには計算能力のダウンのリスクがあります。
しかしJWマイニングは京都をはじめとして施設はすべて国内にあるため、電力の不安定によるマシントラブルや、計算能力のダウンを心配することなく利用できます。
また、セキュリティについてもJWマイニングでは契約者の方には保険に加入していただき、盗難が発生しても補償されるなど、万全のセキュリティ体制が取られています。保守・メンテナンスについてもJWマイニングではエンジニアによるマイニングマシンの稼働チェックが毎日行われており、不具合がある場合は、即時に交換、セッティング等の対応ができる体制が取られているため、安心して利用することができます。

代理店募集