JWマイニング【国内運営】仮想通貨採掘

仮想通貨マイニングコラム

マイニングビジネスの将来性に不安を感じている方が知っておくべき常識

仮想通貨というと、新しいデジタル通貨であり、さらに急激に市場が増加していることから、あっという間に市場が縮小するのではないかといったように仮想通貨の将来性に懐疑的な人も多いでしょう。
また最近は仮想通貨がらみのトラブルのニュースも多いことから、仮想通貨は危ないものといったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかしながら国際間の資金決済を安く、瞬時に行うことができるなど、ネット決済や国際間決済での圧倒的な優位性から、仮想通貨は今後も市場が拡大していくと考えられています。
例えば、銀行で海外に送金を行う場合、送金のための複雑な書類を記入しなくてならないため、銀行名、支店名、都市名、国名、口座番号、口座名義、受取人の住所、電話番号といった送金先が確認できるものが必要になりますし、通帳・お届け印または現金、本人確認ができる運転免許証やパスポート、各種健康保険証といった書類が必要になります。その上、数千円の手数料がかかり、送金には数日かかります。
しかし仮想通貨なら送金先のアカウントがわかれば即時に決済を完了することができますし、手数料も数十円から1,000円程度で済みます。海外送金をよくする人や企業にとっては手数料が銀行よりも大幅に小さいというのは大きなメリットです。そのため仮想通貨は将来、企業間決済の主流となるのではという予想もあります。

ビットコイン(BTC)相場を見ると仮想通貨の地位が分かる

仮想通貨を投資のひとつとして利用している人は、仮想通貨の浮き沈みが気になるところでしょう。仮想通貨の市場は1日で10%~20%近く上がる場合もあれば、下がってしまう場合もあり、株価の変動率と比べると仮想通貨の市場の方が変動が大きいといえます。
また市場が急成長したために、「仮想通貨はもうピークを過ぎた」「仮想通貨はもう終わり」といわれ投資が無駄になるのでは心配する人も少なくない状態です。
しかし最近の市場の浮き沈みの激しさは市場が急激に拡大したためです。仮想通貨といえばビットコイン(BTC)が有名ですが、そのBTCにも大きな浮き沈みが何回かあります。
BTCは2013年に20万円だったものが120万円になり、2014年の3月には47万円に下落、そして2015年5月にはさらに28万円に下落しています。その一方で、2017年12月末頃には200万円まで高騰し、2018年4月には、100万円前後となっているのです。
ここで注目したいのがBTCは激しい浮き沈みをしつつ、実は価値が上がり続けていることです。個々の仮想通貨については、もちろん浮沈があるでしょう。しかし仮想通貨の代表であるBTCの優位性は揺るがないというのが大勢の見通しです。
また、仮想通貨の市場の拡大とともに、市場を支えるBTCの中核技術である分散型ネットワークのブロックチェーンは、仮想通貨に限らず、様々なジャンルでイノベーションを起こす技術として注目されています。
仮想通貨の市場の拡大とともにマイニングに参加する人も増加し 経済効果という点から重要視されるようになっています。今後も仮想通貨の市場が拡大すると予想されることからマイニングで使用される電力をどのように確保するなどが課題になっています。

国際間決済インフラとしての地位を確立

海外送金では手数料が安く、送金時間が速い、個人間の取引にも利用することができる、RTCやデビットカードなどは、VISA加盟店で利用できるといったメリットがあることから、仮想通貨は今後、決済に必要なインフラとなっていくことが予想されています。
日本でも仮想通貨のみで売買できるサービスも生まれていますが、仮想通貨の変動によって実際に取引された価格よりも価値が上がる可能性があることから、今後が期待されています。
また、仮想通貨決済が最優先されているサービスもあり、仮想通貨が決済に使われるのに合わせてますますそれを維持するためのマイニングが必要とされてきています。
仮想通貨は銀行等、既存の金融システムのような中央集権システムではなく、ユーザがマイニングという取引台帳の検証・記録作業を行い、その報酬を受け取るシステムになっています。そのため、仮想通貨の市場が拡大し、仮想通貨が決済に必要なインフラとなっていくとき、そのインフラ守るには、マイニングが必要になるのです。

ますます必要になるマイニング、そんな時代に向けて

マイニングを行うメリットが大きければ、それだけマイニングに参加する人も多くなります。より大きな利益を得るためには、マイニングのランニングコストをどれだけ最適化できるかがカギとなります。
マイニングには高スペックのマイニングマシンを24時間365日フル稼働しますから電力消費量が大きく、その分、電気代がかかります。その電気代に対して採掘効率を最大限に活かして最大限の投資効率を上げることが利益に繋がります。
JWマイニングのマイニングファームは、太陽光発電システムによって作り出した電力を使用し、太陽光発電システムで補えない電力は電気代が安いプランを使用するなどして、ランニングコストを抑えているだけでなく、一定の通貨を採掘できるシステムとなっています。
またJWマイニングでは、「中小企業等経営強化法」の「生産性向上設備(A類型)」の制度によってマイニングファームのマシン購入費用を100%、即時償却することが可能なため、高い利回りを期待することもできます。

代理店募集