JWマイニング【国内運営】暗号資産採掘

暗号資産マイニングコラム

ハードフォークで生まれた仮想通貨の投資価値

ハードフォーク仮想通貨 投資価値

ハードフォークされた仮想通貨は、ビットコインやイーサリアム以外にもいくつも存在しています。そして、今後も様々な仮想通貨でハードフォークが行われる可能性は高いでしょう。
ハードフォークはある程度のプログラミングの知識があれば誰でも簡単に行うことができるので、詐欺の手口として使われることも実際にありました。
このように、仕組みの改善を目的としたものから詐欺のような悪影響しか及ぼさないものまで、ハードフォークで生まれた仮想通貨は多岐にわたります。
今回は、ハードフォークで生まれたこれらのような仮想通貨に投資価値はあるのか考察してみましょう。

ビットコインのように価値が付いている仮想通貨なら投資価値あり?

ビットコインがハードフォークをしてビットコインキャッシュが生まれた時、ビットコインの価値が下がることはなく、ビットコインキャッシュの付与分だけ資産が増えて得をしたという声がいくらかありました。
それなら他の通貨でもハードフォークすれば同じようなことが起こるのかというと、必ずしもそうなるとは限りません。
ビットコインがハードフォークをすることで資産が増えたというのは結果論であり、ビットコインが欲しいと思う人が大勢いたから成立しただけに過ぎません。
このことについて、もう少し詳しく解説していきます。
ビットコインは決済できるサービスやお店がすでにできてきているため、実際に使える通貨としての価値が付いてきています。
また、時代の流れとしてキャッシュレス化に力が注がれ始めているため、今後ますます通貨としての価値が高まるのではないかという期待を込めて、ビットコインが欲しいと思う人達が世界中に多くいます。
このように、ビットコイン自体に通貨価値が付き始めているため、将来への期待を込めて投資価値があると考えられますが、これに加えてさらにハードフォークが発生しました。
ビットコインのハードフォークは、決済速度の遅延など、通貨としての仕組みに限界を感じていたために起こったものです。
つまり、「今までのビットコインもいいけど、性能がよくなったものが出たからそれも使ってみて欲しい」という感じで、ビットコイン保持者に配布されました。
分岐したことでビットコインの価値が下がることがなかったことと、新しく生まれたビットコインキャッシュにも価値がついたため、資産が増える結果になったのです。
このことから、通貨としての価値がついている仮想通貨であれば、ハードフォークをしても欲しいと思ってもらえる場合があるため、それなりに投資価値があると考えらえます。

全ての仮想通貨にビットコイン同様の投資価値があるわけではない

ビットコインがハードフォークをしたら資産が増えたというのは、たまたま両方欲しいと思う人がいて、たまたま両方とも値上がりしただけだと考えたほうがよさそうです。
それは、ビットコインキャッシュに乗り換える人がかなり多ければビットコインの価値が下がっていた可能性があり、それに伴ってビットコインキャッシュの価値も下がるかゼロになっていたかもしれないからです。
このことから、ビットコインより知名度が低く、普及率も低い仮想通貨は、ハードフォークにより資産が増えるなどといったような投資価値は低いと考えたほうが賢明でしょう。
さらに、今後もハードフォークが増えることが予想されており、よっぽどでなければ多くの人の目につかない仮想通貨も増えてくると考えればなおさらです。

仮想通貨の未来と投資価値は誰にもわからない

ビットコインのように通貨としての価値が付いていなければ、投資価値は低いと考察しましたが、実際どうなるかは誰にもわかりません。
今は価値があるビットコインも、将来もっとすごい仮想通貨が生まれることで廃れていくかも知れないですし、ハードフォークで生まれた仮想通貨が想像以上に良いもので、一気に普及していく可能性もあります。
ハードフォークで生まれた仮想通貨は注目度が高く、お金目的の人からの期待値が高いため人が集まりやすい傾向があります。
結果として相場が高くなり、それに釣られて買う人が増え、価格が高まっていく傾向がありますが、これは短期的なもので、長くは続かないことがほとんどです。
仮想通貨を扱うには、数ある仮想通貨の中で将来性のあるものは何か自分で考えて予想し、自分の責任の範囲内で売買をすることが重要です。

代理店募集