JWマイニング【国内運営】暗号資産採掘

暗号資産マイニングコラム

仮想通貨マイニングが地球環境に与える影響と対策

仮想通貨はビットコインが急騰したかと思えば暴落して市場全体が下落するなど、常に予想しにくい動きを見せる世界ですが、それでもマイニングはまだまだ盛んに行われています。
マイニングは膨大な計算が必要なことから電力消費も膨大なものとなっており、仮想通貨がまだ普及しきっていない今でも電力消費量は相当なものであるといわれており、それに伴う二酸化炭素の排出量も懸念されています。
世界は環境保護のために地球環境に優しい社会を作ろうとしている流れにあるのに反して、マイニングが地球環境にどれくらいの負荷を与えているのかが注目され始めています。
そこで、実際にマイニングに必要とされている電気消費量がどれ程のものなのか、環境負荷を減らすためにできることは何なのかについて、一つひとつ順を追って考えていきたいと思います。

マイニングに必要な電力は全世界の電気消費量の0.5%相当

ビットコインのマイニングについていえば、マイニングに必要な電力は2018年末には全世界の電気消費量の0.5%にも及ぶといわれていました。
全世界の電気消費量の0.5%といわれてもどれ程のものなのか分かりにくいかもしれませんが、この数値は人口が約485万人のアルゼンチンの年間消費電力を上回るといわれています。
この数値はビットコインに限った話なので、ビットコインに次ぐ勢いを見せているイーサリアムやその他多くの仮想通貨がマイニングされていることを考えると、全世界の電気消費量の0.5%以上の電気が使われているとこは容易に想像できると思います。
マイニングが盛んに行われているからといって、既存の何かのための電力が抑えられるわけではないので、今後も膨らんでいくことが予想されている電力消費量は、電力供給の側面からみても問題が大きいと考えられます。

マイニングが環境に与える負荷とは

マイニングに利用されている膨大な電力は、火力発電や原子力発電などによって賄われています。
世界の発電方法の60%以上が火力発電であるといわれています。
火力発電には石油や石炭、天然ガスなどの燃料も燃やすことによる熱エネルギーを電力に変換する発電方法です。
つまり、マイニングによる消費電力が増えれば増えるほど、火力発電による二酸化炭素の排出量が増えると共に、原子力発電の核廃棄物の排出量の増加にも繋がる可能性があります。
また、今後の仮想通貨の勢力は拡大していく可能性があることを考えると、環境の悪化はさらに深刻になるとも推測できます。
以上のことから、現在マイニングは電力の消費量を抑えることが求められていると同時に、既に様々な方法で消費電力量を抑える工夫がされています。

既に進められている環境保護のための取組み

マイニングによる膨大な電力消費によって引き起こされている環境負荷をできる限り減らすための取組みが、様々な方法で進められています。
例えば、株式会社TRIPLE-1が開発したマイニング用チップは、従来のマイニングマシンと比較して電力消費が50%以上抑えることができ、マイニングパフォーマンスも4倍以上といわれている画期的な商品です。
今後ますます仮想通貨が普及していくことを見越して、このマイニング用チップの量産化が期待されています。
また、従来の仮想通貨はPoWという膨大な計算量が必要となる方式を採用していました。
しかし、イーサリアムやカルダノなどは、PoW方式のデメリットであり膨大な電力消費を克服したPoS方式を採用しています。
また、IT先進国のエストニアでは、太陽光や風力、地熱などの再生可能エネルギーを利用したマイニングを行っており、二酸化炭素の排出量を抑えることに貢献しています。
また、マイニングによって発生した熱を買い取るシステムまで導入されているため、より電力コストを下げることにも成功しています。
この取組みは、IT先進国の名は伊達ではないということの証明でもあると思います。
エストニアの取組みが世界的に導入されて発達していけば、二酸化炭素排出量のさらなる削減が可能となり、地球環境の改善に繋がることが期待できます。

日本国内にも再生可能エネルギーを利用したマイニング設備がある

再生可能エネルギーを利用している設備はエストニアだけでなく、日本にも存在しています。
例えば、JWマイニング社は環境に配慮したマイニングができるように、太陽光発電を利用しています。
これができるのは、JWマイニング社の親会社が太陽光発電の販売や施工において長年実績を積んできた会社だからです。
たとえ太陽光発電を利用できるといっても、再生可能エネルギー市場において実績を積んでければ、太陽光発電パネルの適切な設置や、室内の温度上昇の軽減などの対応をすることは難しいです。
これからの時代は、ただマイニングをして収益を上げるだけでなく、環境に十分配慮したマイニングをすることも求められるようになります。
そのため、マイニング専用の設備を導入するにはマシンの性能とともに、地球環境の保護に対して真剣に取り組むとともに、マイニングに必要な電力の供給と、マイニングによって発生する熱に対して適切に対応できる業者を選ぶことが重要になると考えられます。
そういった業者の1つとして、JWマイニング社があることも覚えておいて損はないと思います。

代理店募集