JWマイニング【国内運営】暗号資産採掘

暗号資産マイニングコラム

暗号資産市場の急成長が見込まれるきっかけと要因

今後の暗号資産市場において注目すべき暗号資産の1つであるカルダノエイダコインの創設者、チャールズ・ホスキンソン氏は、暗号資産市場が急成長するにはもう少し時間が必要だと考えているものの、その時はいずれ訪れると予想しているようです。
もし、本当に急成長する時が訪れるならば、それはきっと喜ばしいことなのでしょう。
暗号資産市場の変化は暗号資産そのものを扱っている人はもちろん、マイナーも知っておかなければならない必須事項です。
そこで今回は、令和の時代において暗号資産市場の急成長が見込まれるきっかけと要因について、解説していきます。

暗号資産市場の急成長のきっかけその①「セキュリティ・トークン・オファリング」

暗号資産市場の急成長のきっかけとして考えられるのは、イーサリアムやビットコインなどとは別の、新しく生まれる暗号資産やサービスです。
暗号資産の価格は乱高下が激しく、これからもおそらくこの動きは続いていくと予想されていますが、これまでの暗号資産の歴史の中で、イーサリアムやトークン、イニシャル・コイン・オファリングなどがビットコインの価格高騰の要因になりました。
そのため、今後生まれてくる新しい暗号資産やサービスの何かが、暗号資産の価格上昇のきっかけとなる可能性は十分に考えられます。
このことから、次の暗号資産市場の急成長を促すものとして注目したいのが、「セキュリティ・トークン・オファリング」です。
セキュリティ・トークン・オファリングは、セキュリティ・トークンという株式や債券などの有価証券と同等の法規制が適用されているものを、ブロックチェーン上で発行することです。
法規制に基づいたトークンであるため、詐欺などといったリスクを軽減することができ、より安全に取引できるものとして注目を集めていることから、今後はこのセキュリティ・トークン・オファリング市場が急成長していくと推測できます。

暗号資産市場の急成長のきっかけその②「機関投資家の参入」

Cryptonews.comという暗号資産メディアにおいてチャールズ・ホスキンソン氏は、機関投資家の存在が暗号資産市場の急成長のきっかけとなると語っています。
では、機関投資家の参入によって市場は一気に動くのかというと、それは時期尚早で、賢いファンドは機関投資家が一気に参入できるほど市場は安定しておらず、それに対応できるほどの成熟もしていないと認識しているようです。
では、いつ機関投資家の急増が起こるかというと、暗号資産市場に投入される大規模な資金を受け止める準備を整えるためには、12か月から24か月のほどの機関が必要であるとされているため、その辺りから増え始めると予想できます。
しかし、準備期間だからといって何も影響がないわけではありません。
機関投資家の真骨頂は、個人投資家とは比べ物にならない莫大な資金力にあります。
例えば、ブラックロックという世界的な資産運用会社がポートフォリオの0.5%ほどを暗号資産にするだけで、何十億ドルにものぼる莫大な資金が暗号資産市場に投入されることになります。
たった、0.5%でこの資金力です。
ブラックロックの2018年時点での運用資産総額は5・98兆ドルにもなると報告されており、現在の仮想通貨の時価総額を踏まえて考えると、機関投資家の参入が暗号資産市場の成長に非常に大きな影響をもたらすことは容易く想像できると思います。
機関投資家が暗号資産市場に参入するためには、暗号資産の保有者が死亡した場合に、その秘密鍵はどのように入手することができるのかといったことや、税金処理の方法など、クリアしなければいけない課題が多くありますが、機関投資家向けの暗号資産の保管や管理を行うカストディサービスや、ビットコイン取引などのサービスも準備されているといわれています。
これらのサービスが実行されれば、機関投資家参入のために必要とされるインフラの整備は、今以上に加速すると予想できます。
こういったインフラの整備は、個人投資家や一般ユーザーにとっても良い影響をもたらすことを期待しています。

暗号資産市場は将来有望だからこそマイニング戦争の準備をしよう

米国の金融大手であるフィデリティが行った、米国の400人以上の機関投資家を対象としたアンケートにおいて、22%ほどの機関投資家が暗号資産をすでに保有しており、40%ほどの機関投資家は今後の5年間で暗号資産を投資対象としても良いと考えていると報告されています。
さらに別の調査では、億万長者とされる富裕層の68%ほどが、今後3年以内に暗号資産に投資することを検討していることが明らかにされています。
これだけ多くの機関投資家や富裕層が暗号資産への投資に前向きということは、暗号資産市場はまだまだ将来有望であると考えて良い反面、その機会を狙ってマイニングの競争が激化することも予想できます。
時代が令和に移ってから、暗号資産関連のイベントは目白押しです。
2020年5月に予定されている半減期や、機関投資家参入による市場への莫大な資金の投入、技術発展や暗号資産の在り方の変化がもたらす新しいサービスや、新しい暗号資産の誕生など、暗号資産の価格上昇を引き起こす要因はこれだけ多くあり、今まで休止していたマイナー達がマイニングを再開する材料が揃ってきています。
世界中のマイナー達が一気に動いて一気に利益をあげる戦いが激化すると予想されるため、チャンスを逃さないように、情報収集と対策を早急に行うことが賢明だといえます。

代理店募集