JWマイニング【国内運営】暗号資産採掘

暗号資産マイニングコラム

暗号資産を持つなら必須の5つのウォレットを徹底比較

暗号資産の認知度が高まるにつれて暗号資産の取引をする人が増えていますが、初心者ほど暗号資産で利益を得ることに気を取られてしまい、セキュリティ面がおろそかになりやすい傾向があります。
暗号資産の取引をできるだけ安全に行うためには、しっかり自己管理をすることが重要です。
その為に必要とされているウォレットについて、その特徴と自分に適したウォレットの選び方について解説します。

暗号資産を管理するウォレットとは

暗号資産はデジタルデータではありますが、購入したらウォレットに保管することが推奨されています。
私達が日常的に使用している円などの法定通貨は財布に保管しておき、支払いなど必要な時に取り出すといったことを行っています。
暗号資産でもこれと同様に、ウォレットに暗号資産を保管しておき、送金や受け取りなどが必要な時に使うといったイメージです。
暗号資産は取引所で保管しておくこともできますが、取引所が破綻することやハッキング被害を受けた時に、自分が保有している暗号資産がなくなってしまうなどの大きなリスクがあります。
そのリスクを考慮すると、取引所に暗号資産を置いておくよりも、自分のウォレットで管理する方が比較的安全だといえます。

ウォレットの種類

ウォレットには大きく分けて、ホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。
ホットウォレットはインターネット上に作られたウォレットのことで、インターネットが利用できる環境であればいつでも利用可能です。
例えば、モバイルウォレットやデスクトップウォレットなどが、ホットウォレットに該当します。
非常に便利ではありますが、ウォレットがインターネットにつながっていることからハッキング被害に遭うリスクもあるため、セキュリティ面に気を配る必要があります。
一方で、コールドウォレットはインターネットにはつながっていないウォレットであるため、ハッキング被害に遭う心配は必要ないといえます。
ただし、紛失や破損などによって暗号資産が取り出せなくなるデメリットがあります。
以上のことから、ウォレットを利用する際はそれぞれのウォレットの特徴を理解したうえで分散して管理した方が、安全性が高まります。
ウォレットはホットウォレットとコールドウォレットからさらに分けて、次の5種類があります。

  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット
  • デスクトップウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

次からは、それぞれのウォレットの特徴について解説していきます。

最もポピュラーなウェブウォレット

ウェブウォレットはサイト運営元のサーバー内で暗号資産を管理するウォレットのことで、取引所のウォレットが該当します。
セキュリティ面はウェブウォレットの管理者側に一任されることになるため、どのサービスを利用するかをよく考える必要があります。
メリットは、メールアドレスとパスワードさえ登録すれば簡単に利用できることです。
不正アクセスなどに対するセキュリティ対策もサイト運営側が行うため、気軽に使うことができます。
また、パソコンやスマートフォンなど、自分が使いやすい端末からアクセスすることができるという利便性の高さも大きなメリットです。
デメリットとしては、サイト運営側に何らかの不具合が生じた時に暗号資産が流出してしまうリスクがあることです。
また、対応暗号資産も少ない傾向があるため、より多くの暗号資産を預けたい人は別のウォレットの方が使い勝手が良いと考えられます。

スマートフォンで管理ができるモバイルウォレット

モバイルウォレットはスマホアプリを利用したウォレットのことであり、スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも手軽に管理することができます。
また、最近増えている暗号資産による決済が可能なお店で、簡単に支払いができることも魅力です。
ただし、インターネットに接続することからハッキングを受けるリスクもあるため、必ずしも安全とは言い切れないことは念頭に置いておく必要があります。
また、スマートフォンが故障したり、誤って初期化をしてしまうとウォレットにアクセスできなくなる可能性があります。
このことから、スマートフォンのバックアップや復元フレーズを保管しておく方が無難です。

パソコンを良く使うならデスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、自分のパソコンで暗号資産を管理するタイプのウォレットです。
デスクトップウォレットの多くは暗号資産の開発元が公式にリリースしているため、信頼性と安全性が比較的高いというメリットがあります。
また、暗号資産によってはデスクトップウォレットでマイニングができ、自動で報酬が得られるものもあります。
ただし対応している通貨は1つだけであるため、複数の暗号資産を1つのデスクトップウォレットで管理することはできません。
また、パソコン上でしか操作ができないというデメリットもあります。
さらに、モバイルウォレットと同様に不正アクセスやウィルス感染などによる暗号資産の流出や、パソコンが壊れることによってウォレットにアクセスできなくなるデメリットもあります。
従って、万が一の場合に備えて秘密鍵を保管しておくことが重要です。

安全性が高いハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、インターネットから切り離した専用端末で暗号資産の管理に必要な秘密鍵を保管するため、かなり高い安全性があります。
また、対応通貨が多いことから、国内では扱っていない海外の暗号資産を預けることも可能です。
デメリットとしては、専用端末本体の価格が高いことや、人気のハードウェアウォレットは入荷待ちですぐに手に入らない可能性があることが挙げられます。
以上のことから、暗号資産の保有数が少ない方などは別のウォレットの方が使い勝手が良いかもしれません。

ハッキングの危険性がないペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、アドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管しておく方法です。
完全にオフライン状態であるため、ハッキングのリスクを心配する必要はなく、管理のための初期費用もかかりません。
ただし、紙が破損したり汚れてしまうとアドレスや秘密鍵が分からなくなり、ウォレットにアクセスできなくなる可能性があるので、大切に保管する必要があります。
また、他のウォレットよりも使い勝手は悪くなるため、送金や決済を頻繁に行いたい方には不向きだといえます。

適したウォレットの選び方

ウォレットには複数の主要な暗号資産に対応したものや、1つの暗号資産だけに対応したもの、パソコンとモバイルの両方で管理できるものなど、様々な種類があります。
そのため、自分に適したウォレットを選ぶには目的に沿って使い分けることが大切です。
また、1つのウォレットで全ての暗号資産を管理するよりも、いくつかのウォレットに分散して管理した方がより安全性が高まります。

代理店募集