JWマイニング【国内運営】暗号資産採掘

暗号資産マイニングコラム

フェイスブックの暗号資産「リブラ」とビットコインの違いは何なのか

Facebookが「リブラ」という暗号資産を発行しようとしていることをご存知の方は、多くいらっしゃると思います。
リブラは価格変動が激しくて投資イメージが強い他の暗号資産とは異なり、価格変動が起こりにくい設計を持つといわれています。
この他にも、リブラにはビットコインなどといった既存の暗号資産とはいくつもの違いがあるようです。
そこで今回は、リブラはなぜ価格変動が起こりにくいのかといったことや、発行する目的や決済に期待できることなどについて解説していきます。

Facebookが発行元の「リブラ」とは

暗号資産といえばビットコインが代表格とされており、非常に多くの種類が発行されていますが、いずれも価格変動が激しく、投資や投機のイメージが強く持たれていることが現在の状態です。
そのため、暗号資産といわれると少し気が引けてしまうというように、ネガティブなイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、暗号資産はブロックチェーンという新しい分野の技術を応用して作られたものであり、まだまだ発展途上の段階であるといえます。
さらにいえば、暗号資産は世界共通のお金となり得るものであるという見方もできます。
しかし、現実に暗号資産を保有している人達は、実用性よりも投資先としての可能性を重視しているため、実用化という目的に近づいているとはいい難い状態です。
そこでFacebookは、既存の暗号資産の特有の性質である大きな価格変動が起こりにくい設計を採用し、リブラという世界共通のお金を実現しようとしています。

リブラが価格変動を起こしにくい仕組み

暗号資産とは価格変動するものであるというイメージが強いと、リブラはなぜ価格変動が起こりにくいのか不思議に感じるかもしれません。
これは、暗号資産の発行をする際に裏付けされる法定通貨に関係があります。
ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は発行する際に連動する法定通貨は特にないことから、需給によって比較的簡単に価格変動が起こります。
しかし、リブラはこれらの暗号資産とは異なり、発行の際に裏付けされる法定通貨があるため、需給の関係なく価格変動が起こりにくい仕組みが取り入れられています。
今のところリブラに連動する法定通貨は、米ドルやユーロ、日本円、英ポンド、シンガポールドルなどが想定されているようです。
法定通貨のように価値が安定した通貨に連動することで、リブラは安定した価格で発行することが可能になるため、他の暗号資産と比べて実世界での利用がしやすくなります。
このことから、リブラの発行が許可されて実用性が認められていけば、連動する法定通貨はアジア圏や南米など、世界各地に広がっていくかもしれません。
ただ、「実用性重視なのは理解したが、法定通貨のままで良いのではないか?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、現状では法定通貨の方が利便性が高いため、その意見は間違いではありません。
では、なぜリブラを発行しようとしているのか、その発行目的を解説していきます。

リブラの発行目的

日本国内では資産を預けるために銀行口座を持つことが当たり前のようになっていますが、世界では大勢の人は銀行口座を持っておらず、その数は17億人近くともいわれています。
一方で暗号資産は銀行口座を利用しなくても、個人で資産の保管や管理が行うことができるうえに、ウォレットを使うことで送金や決済もできます。
また、出稼ぎの方が母国に送金する時の手間や、高い送金コストの問題も解決することができます。
つまりリブラの発行目的は、暗号資産の技術を使って世界の金融インフラを整えることであるといえます。

リブラは決済でも期待できる

リブラのプロジェクトには多くの企業や団体が参加しており、クレジットカードやeコマースなどといった分野の企業も協力しているため、このプロジェクトがうまくいけば、私達の生活における様々な場面で暗号資産による決済が可能になることが期待できます。
ただ、いくつかの企業はこのプロジェクトからの脱退を表明しているので、順風満帆にはいかないように思いますが、暗号資産で気軽に買い物や支払いなどができる未来が実現するかもしれません。

リブラが暗号市資産の世界に与える影響

ここまでに述べたことをまとめると、リブラはメリットが大きいように見えますが、まだまだ不安要素も多くあります。
金融機関として機能した経験が全くない一企業が通貨を作ることに対して、警戒や不安の声があることは確かです。
また、金融機関以外の企業を暗号資産を作ることに対する規制も整っておらず、Facebookのリブラと同じような性質を持つ暗号資産を作ろうとする企業がいくつも現れ、混乱が生じる可能性もあるかもしれません。
このように、リブラをめぐる問題は山積みであり、プロジェクト自体にも暗雲が立ち込めているのも事実です。
ただ、中国の暗号法が制定されたことで状況はまた変わっていくかもしれません。
中国の動きによって、リブラの命運が左右されることが考えられます。
将来的にリブラの発行が実現されれば、暗号資産の普及に貢献することでビットコインなどの暗号資産の価格が上昇するかもしれませんし、実用性の低い暗号資産は淘汰されていき、その流れでビットコインなどの価格が下落する可能性もあります。

代理店募集