JWマイニング【国内運営】暗号資産採掘

暗号資産マイニングコラム

「ビットコインの価値はなくならない」世界から見る暗号資産の本当の価値

ビットコインの価格変動に関する情報は逐一ネット上にアップされており、上がったと思えば下がるなど変動が激しく、「結局ビットコインの価値は今後どうなるの?」と常に価格変動の情報を追いかけることに疲れを感じている方もいらっしゃるかもしれません。
日本国内ではビットコインは2017年の高騰で一気に暗号資産の知名度が上がり、CMも頻繁に行われて投資目的で暗号資産市場に参入する人が増加したことから、ビッコインなどの暗号資産は投資対象であるという認識が強い印象があります。
しかし、世界から見ればビットコインを始めとする暗号資産は単なる投資対象という域を超えており、そこにこそ暗号資産の本当の価値があるといっても良い状態になっています。
では、暗号資産が持つ本当の価値とは何なのか、一つひとつ紐解いていきましょう。

日本国内だけだと分かりにくいビットコインの価値

冒頭で述べた通り、日本国内ではビットコインなどの暗号資産に対する認識は投資対象というイメージが強いため、価格変動のみを重視する傾向があります。
そのため、2018年の暴落などは暗号資産の取引所であるコインチェックから暗号資産が流出したからだという意見がありますが、確かにマイナス要因になったとは考えられるものの、暗号資産のマーケットは世界であるため、実際は日本国内の状況が暗号資産の相場全体に与える影響は小さいといえます。
このことから、日本国内で起きている不安だけで暗号資産の価格変動の要因を考えることや、一時の価格変動に一喜一憂することはあまり意味がないと考えられます。
また、2017年からバブルが崩壊して2018年の初頭にかけてビットコインなどの価格が暴落し、2019年の後半に再び下落トレンドとなってからは「ビットコインの価値が無くなるのではないか」など極端な意見まで見られましたが、チャートを冷静に見れば2017年からが異常に高騰しただけであり、今は落ち着いてきて高騰前にいくらか戻ってきたと見ることもできます。
日本国内では円が相当安定しているために、ビットコインのありがたみが分かりにくいこともあって単なる投資対象としか見られず、非常に激しい価格変動に振り回されやすい傾向があるかもしれません。
しかし世界に目を向けると、ベネズエラやトルコなどといった情勢不安がある国では通貨の価値が不安定であるため、何らかの要因で情勢が悪化した時にビットコインが資産の避難先として選ばれることが起きています。
これは、記憶に新しい香港のデモでも同様の動きがみられました。
以上のことから分かるのは、法定通貨が不安定な国では情勢によって価格が上下する法定通貨では自分の財産が守り切れないリスクがあり、そのリスクを回避して財産を守る手段として、ビットコインなどの暗号資産は非国家の通貨という価値が確立されつつあるということです。

世界的に見ると暗号資産を信用するかしないかの段階は超えている

日本国内では、暗号資産の取引所から暗号資産が流出したために信用が下がって価格が下落したなどといった見方がされますが、世界的に見ればこの暗号資産を信用するかしないかの段階は超えていると考えることができます。
それは先ほども述べた通り、暗号資産は資産の避難先となり得る非国家の通貨としての価値を確立しつつあることや、ビットコインの資産価値は20兆円ちかくあるといわれており、これほどまでの資産価値は世界でも有数のクラスです。
また、金融サービスが十分発達していない途上国では暗号資産やデジタル通貨に対する関心が高く、国際決済銀行も国家がデジタル通貨を発行することに対して肯定的な姿勢を見せ始めています。
さらに、先進国ではFacebookが発表したリブラから分かるように、通貨を発行することによる大きな利益を目的として、暗号資産の発行をしたいと考えている企業は多くあります。

ビットコインが廃れることは考えにくい

ここまでに述べたことを総合していえることは、世界という広い視点から見ると、暗号資産は通貨の新しい概念を創出し始めているのではないかということです。
ビットコインの大きなボラリティによる利益を得るために価格変動ばかりを気にしていると、2019年6月頃の150万円近くまで持ち直すどころか下落トレンドとなったことで不安になり、ビットコインの価値はなくなるなどといった極端な意見が出ることも分からなくはありません。
しかし、暗号資産はすでに通貨としての地位を確立し始めているうえに、ビットコインはその筆頭として特別視されているスーパーブランドです。
しかも、ビットコインについてはマイニング業者やコミュニティーが多数あり、マイニングは産業して成立しています。
また、多くの金融機関や企業が取り扱いを始めているイーサリアムも特別な地位を確立しつつあります。
以上のことから、ビットコインとイーサリアムにおいてはすでに単なる投資対象という域を超えており、資産や通貨としての価値を持つという別のステージにシフトし始めていることから、価値がなくなることは考えにくいといえます。

代理店募集